管理組合のためのマンション管理コンサルタント

住民のマナー違反の問題

共用部分への勝手な物品の放置、敷地内無断駐車、ゴミだし等マナー、常識に関する問題も非常に多いのが現状です。これも一朝一夕には解決しない問題です が、上手く言った例を紹介します。

【依頼要旨】

ある区分所有者の奥様(東南アジア系の外国人)が共用廊下に小さな焼却炉を設置している と顧問先マンション(単棟型・56戸)理事長から連絡あり。防火上の問題もあり、何とかして欲しいとの依頼。

【解決に向けて】

そんな非常 識な人がいることに驚く一方、いつか別のマンションで共用廊下に植木を置いている中国人の奥様が風水で絶対にここから動かせないと言い張り、説得し切れな かったことが頭をよぎる。外国人の信仰心は我々には計り知れないものがあり、今回はいきなり交渉せずに作戦を練ることとする。まず、通報者の隣の奥様から 事情聴取、大体の使用する時間を特定。まずは、燃やしている現場の証拠写真を収めることとした。

翌日、理事の一人のお宅のバルコニーから燃やして いる現場が見えそうなことがわかり、その時間だけ中に入れさせてもらい、張り込みを行う。結果デジカメで証拠写真をとることができた(不思議なお札のよう なものを燃やしていた)。

その後とりあえず、警告文書をポストに入れていたが効果がないため、直接交渉することとした。

たまたまこの組合 員は管理費を2ヶ月滞納していて駐車場使用契約を解約事項に該当することがわかり、その件と絡めて旦那さんと話しをしました。

結果、滞納管理費を 1週間以内に振り込み、かつ焼却炉は撤去することを条件に駐車場契約については不問に処す(この措置も問題あるんですが・・・)方向で私が理事会に話をす ることにしました。理事会でもこの条件に同意し(議事録には残していない)、その組合員も約束を守ったため、この件は解決しました。

お気軽にお問い合わせください TEL 045-242-8506 受付時間 10:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.